フィガロの結婚(オペラ)

ご訪問ありがとうございます。観劇記録です(^^)♪

 

フィガロの結婚については、1784年にモーツァルトが作曲したオペラ。前作「セビリアの理髪師」の好評だったために書いた続編です。

家臣フィガロの結婚式をめぐる事件を通して、封建貴族社会を痛烈に批判した内容であったため、たびたび上演禁止になったようです。

あらすじなど、詳細はこちら(wiki)

→DIE HOCHZEIT DES FIGARO (https://ja.wikipedia.org/wiki/フィガロの結婚)

 

日時:2017.12.21 19:00~

 

場所:ベルリン・ドイツ・オペラ(Deutsche Oper Berlin)

 

出演:スザンナ : Alexandra Hutton / ケルビーノ : Irene Roberts / フィガロ : Seth Carico


カーテンコールより

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中