ヘンゼルとグレーテル(オペラ)

ご訪問ありがとうございます。観劇記録です^^♪

 

ヘンゼルとグレーテルについて(以下、wikiより)

ドイツの作曲家エンゲルベルト・フンパーディンクが作曲し、全3幕からなっています。

原作はグリム童話「ヘンゼルとグレーテル」。台本は、フンパーディンクの妹アーデルハイト・ヴェッテが書きました。

1893年12月23日にヴァイマルで初演されました。このオペラはフンパーディンクの代表作であり、ワーグナー以降、リヒャルトシュトラウス以前のドイツ・オペラの代表的作品とされています。

 

日時:2017.12.25 15:00~

場所:ベルリン国立歌劇場(Staatsoper Unter den Linden)


出演:ヘンゼル : Natalia Skrycka /  グレーテル:Evelin Novak / 魔女:Stephan Rügamer

 



ベルリン国立歌劇場の天井に吊るされたシャンデリア

 

カーテンコール。出演者はオケピットを囲むように作られた、せり出し舞台まで出てきて拍手喝采を受けていました。
脱ぎ捨てられた、ヘンゼルとグレーテルの被り物が、寂しそうwww

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中