カテゴリー: 舞台を観る

ベルリン国立バレエ団のワークショップ

ご訪問ありがとうございます。

 

2016年7月5日公演スナップ(眠れる森の美女:カーテンコール)より
dornröschen20160705

衣装の色が鮮やかで美しいですね。

 

(Dornröschen:Staatsballet Berlin)

 

ベルリン国立バレエ団(Staatsballett Berlin)は、ベルリンを中心に活動するドイツ最大のバレエ団で、本公演の上演だけでなく、子どもや一般向けにいろいろなワークショップも開催しています。

TANZ IST KLASSE!

これらの活動は、子どもたちの経験範囲を広げたり、一般市民の興味を引き出したりすることに、大きな役割を果たしているのではないかと思います。

家族向けのワークショップなどに参加した親子は、あるいは今まで以上にダンス分野へ興味が増したり、劇場に足を運ぶ回数が増えるかもしれませんね。

とても良いなあ、参加してみたいなと思ってみも・・・

バレエ経験のない私は、残念ながら参加することは叶いません。

しかし、バレエをある程度経験されている方であれば、”TANZ TANZ”というワークショップに参加してみるのも、ドイツでのダンス教育の一面を垣間流ことができて面白いかもしれませんね。

2018/2019シーズンの、ワークショップ(Tanz Tanz)は以下の日程で4回開かれます。

30.09.2018(2018年9月30日)

20.01.2019(2019年1月20日)

07.04.2019(2019年4月7日)

23.06.2019(2019年6月23日)

いずれも時間は11:00〜

場所は、ベルリン国立バレエ団の活動拠点であるドイツオパーベルリン(Deutschen Oper Berlin)のバレエホール(Ballettsäle des Staatsballetts Berlin)です。→地図

説明書きによると、参加できる年齢は15歳〜、所要時間は4時間(240分ー休憩1回)、料金は一人18ユーロだそうです。申し込みが必要で、各日程ごと定員になり次第締め切られます。

(詳細はこちら→TANZ TANZ 申し込みページ

注:当記事は、参加を促したり斡旋したりするものではございません。詳細は各自でご確認ください。

 
カテゴリー: その他

ときどき気ままに

2016年3月から2017年5月まで、縁あっって、ドイツの北東部に位置するドイツの首都ベルリンに滞在する機会を得ました。

20160319berlin

その時に学んだ少しのドイツ語の知識をもとに、帰国した後も、ベルリンで日々行われている舞台公演の情報サイトを見ては、ワクワク感を楽しんでいます。

一度、バレエを見に行った時の記事(ラッキー!祥子さん)を書きましたが、これからも、音楽や芸術に関するトピックの中で、自分が興味を持ったことについて、ときどき、気ままに書いてみようと思いました。

非日常的な環境に身を置いてみて初めて考えてみたこととか・・・

今まで当たり前と思っていた、日本の良さを改めて感じたこととかも・・・

ときどき、気ままに書いてみようと思います。

カテゴリー: 語学を学ぶ

助言

衣装づくり以外のことも追々書いていきますね〜と言いつつ早や2ヶ月半。未だに一つも書いてないし💧いい加減に書き始めないとね꒰⁎×﹏×⁎꒱ 💦

ということで、一番に頭に浮かんだことから書いてみようかと。

__________ ♪ ★ ♪ __________

昨年度の長期お休み中に私が滞在していたのはドイツの首都ベルリン。ドイツ語を学んでみたいという兼ねてからの夢を叶えるべく、胸を躍らせながら語学学校へ。

しかしワクワクできたのも束の間、ドイツ語の難しさに愕然とした私でした。。。(泣)

 

毎日、聞いたこともない新しい単語が山のように出てくるし(泣)なんとかなりそうな気がちっともしない・・・(´`。)グスン

そして、まだ何週間も経たないうちにドイツ人嫌いになってしまいそうで、引きこもりたい気持ちはMaxに。。。

 

ううっ・・・そりゃ、そーでしょ。何の準備(事前学習)無しでいきなり現地に行っちゃって。。。(それがいかに無謀なことであったか後でわかった)。。。しかも英語が堪能でもない私、そうなることくらい予想できたっしょ!?って話です。

 

あの、、、一応行く前の一年間はドイツ語じゃなくて英会話教室に通いました、ハイ。でも外国で、新しい言語を学ぶためのお助けツールにできるほどには上達しなかったわけです💦

しかもその、にわかに詰め込んだ英語知識は、ドイツ語を始めた途端、あっという間に頭から追い出されてしまいました。(恐るべし、アラフィフ脳内キャパシティ〜)

 

語学学校では最初からぜ〜んぶドイツ語💦(当たり前か)

「最初だけは、時々英語で説明してあげますけどね〜〜そのうち全部ドイツ語になりますよ〜」

って先生〜〜💦・・・「私、英語もろくにしゃべれませ〜ん!聞き取れませ〜ん!Σ( ̄ロ ̄lll)」って、、、言えるはずもないしな(。xox。;))))

 

それに、英語圏ネイティブさんたちときたら、授業中わからないことにぶち当たるとその都度自分勝手なタイミングでどんどん英語で質問する(”空気を読む”って言葉、ないんだろな)

そして議論が白熱してくると、先生も生徒も皆、超早口になる。。。

 

ちょっとオ〜〜英語かドイツ語か、どっちかにしてエ〜

ウワァァ—–.˚‧º·(╥ω╥*)‧º·˚.—–ン!!!!

__________ ★ * ★ * ★ __________

そんな過酷な時間を週5日、1日3時間ばっちり受け続けると、さすがの私も数週間でズタボロに。。。そんな私を見兼ねて、現地在住の旧友がこう言い諭してくれました。

 

とにかく、何も考えないで、授業に行って、座っときゃ良いの!!

周りが喋るドイツ語をBGMのように聴いてりゃい〜のよ♪♪

 

そっか〜、そうだよねえ。。。。ドイツ語必須の大学入学を目指してるわけじゃないし。。。クラスメートの殆どが、我が子と同年代で大学入学を目指している学生さんばかり!!であっても、そんなの関係な〜い!ー笑)

 

とにかく、既に予約済みの期間(6ヶ月)、とにかく通い続けることだけ(←おい?)を目標に頑張る!!と決意したのでした。

💧✨💧✨💧✨💧✨💧✨💧✨💧✨💧✨💧✨💧✨💧✨💧

ちなみに、私が通ったのはドイツアカデミーという語学学校のWittenbergplatz校です。

(学校前近くの広場と老舗デパートKaDeWe)

kako-wittenbergplatz

ベルリンにも語学学校は多数あって、それぞれの目的によって、または好みによって良し悪し(合う合わない)の評価は分かれるところ。さらに、同じ学校であっても担当の先生で当たり外れが激しいのも事実。。。

私の場合、ドイツアカデミーは日本語サイトもあるのでわかりやすかったし、通うのに好都合な場所だったのと、料金も良心的だったことが決め手になりました。

(ある日のホワイトボード写メより)

Partizip

Kasus

日々苦しみながら(笑!?)も、何とか最後まで続けることが出来たのは、クラス担当がAlex先生(30代男性)という、とても親切で愉快な先生だったということと、クラスが進んでいくにつれて、我が子と同年代の日本人学生さん達と出会えたことが大きいです。

人との出会いは人を支え宝物となる

ってこと、身をもって実感できた貴重な人生体験となりました。

 

ちなみに6ヶ月間、休まず黙々と授業に参加し続けた結果、半年後には先生のドイツ語での説明が概ね理解できるようになったのでありました。

友だちの助言は正しかった!!